天井の防音・遮音

天井の音
天井の防音・遮音はアパート・マンションで暮らす方にとってよくある悩みの一つです。

子供が走り回る「ドタバタ」音、フローリングを歩くスリッパの「パタパタ」音、椅子を引いた時の「ギーッ」といった音など、よくある騒音は挙げればキリがありません。

天井の防音対策は難しい

このような、天井からの音に対する防音・遮音は、最も難しいのが現状です。なぜなら、上の階から響く、衝撃音は建物の床の構造に大きく左右されることが多いためです。

よくある防音対策としては、吸音パネルや防音シートを貼り付ける方法がありますが、これらの対策は、主に、自分の部屋から発生する音が上の階に響かないための対策であり、上の階からの音の防止にはあまり効果が無いのが現状です。

天井に対する防音工事は自身でするのは困難なため、専門業者に依頼することになりますが、賃貸アパートやマンションでは工事をすること自体がそもそも無理な話となります。

このようなことから、天井からの音に対しては、最も効果的なものは、上の階にお住まいの方に床下に音が響かないように注意を促すこと、上の階の方に床下に対する防音対策を施してもらうこととなります。

しかし、上の階の方が防音に協力的でない場合、残すは自分でできる事を探すしかありません。

そこで考えられる自衛策は次の2つ、耳栓での防音防音安眠室(ベッドテントの活用)となります。

耳栓で防音

最も手軽に、費用をかけずに自分でできる防音対策は耳栓の活用です。上の階からの音が気になって眠れないという場合は、耳栓を試してみてはいかがでしょうか。

シリコンで作られた耳栓であれば、とても柔らくて、つけるても耳も痛くありません。

睡眠中の間、使い続けてでも弾力が落ちくることも なく、汚れても水洗いすれば繰り返し使用することができますので、衛生的で経済的です。

耳栓
Longfite 睡眠用 防音耳栓の詳細を見る

ベッドテントで防音睡眠室を作る

ベッドテントを活用して自衛用の睡眠用防音室を簡単に作る裏技的な方法です。

ベッドテントは、自室の中にプライベート空間を簡単に作れる優れもので、持ち運びもできる睡眠用テントです。

このままでは防音効果はありませんが、ベッドテントに遮音カーテン等をかぶせるなど、工夫を凝らせば、自室に防音も兼ね備えたプライベート空間を作り出すことができます。

遮音カーテンをかぶせる場合は、カーテンの重みを支えるためにベッドの4隅の脚に支え棒を付け加えるなどの工夫が必要となるかもしれませんが、比較的簡単に自作の睡眠用簡易防音室ができそうです。

ベッドテント
プライバシー・ポップのベッドテント (ツイン)の詳細を見る

テキストのコピーはできません。