いびきの改善方法・防止グッズ

いびきで悩んでいませんか?

夫婦で一緒に寝ている場合、隣の夫のいびきがうるさくてよく眠れないという女性の声をよく聞きます。

いびきが一時的なものであればまだしも、毎晩のこととなると、隣で寝る人にとっては健康被害にかかわる大問題です。

いびきは、なぜ、どのようにしてかくのでしょうか。

いびきの原因

いびきは、呼吸をする時に息が喉(のど)を通るときの振動音を言い、目が覚めているときは音はしませんが、夜寝ると舌のつけ根が喉の奥に下がり、まわりの筋肉が緩んで喉が狭くなります。

このような状態で、口で呼吸をすると、喉の周りの粘膜が震えて音が出ていびきをかくことになります。

いびきはだれでもかくものですが、自分では自覚がないため一緒に寝た人から指摘をされるまで気が付かないことが多いです。

いびきには、風邪や疲労、お酒が原因で一時的にいびきをかきやすくなるケースと、慢性的にいびきをかいているケースがあります。

いびきをかいている時の状態は、喉が狭くなって十分な空気を取り込めないため酸素不足になりがちです。その結果、血液中の酸素が減り、朝になっても疲労が回復せず、頭痛や頭重が起こることもあります。

一時的ないびきはまだしも慢性的ないびきは、そのいびき音により迷惑をかけるだけでなく自身の健康によくないため 改善に取り組む必要があります。

いびきの改善方法

いびきは原因がはっきりしているため、自分でいびきの解消に取り組むことが可能です。

例えば、いびきの改善方法としてよく知られている方法は、横向きに寝ることです。横向きに寝ると舌のつけ根の喉の奥への落ち込みが少なくなるため、喉が狭くならず、呼吸がしやすくなります。その結果、横向きに寝るだけでいびきが改善したという人は少なくありません。

また、「いびき防止グッズ」を使っていびきを改善するという手もあります。代表的なものとしては、鼻腔拡張テープ口呼吸改善テープマウスピースなどがあります。

鼻腔拡張テープは、鼻の上にテープを貼って鼻腔を広げるもので、口呼吸をしないで済むことによりいびきを改善するグッズです。中には、テープを貼るのではなく、鼻の穴に差し込んで鼻腔を広げるタイプのものもあります。

口呼吸改善テープは、口をあまり開かないようにテープで固定するもので、口呼吸を防ぐことによりいびきを改善するものです。

マウスピースは、寝る際に口のなかにマウスピースを入れ、口の開きと舌のつけ根が落ち込むのを防ぐものです。市販のマウスピースがしっくりこない場合は、歯科医院でその人の歯型にぴったり合うオーダーメイドのマウスピースを作ってくれるところもありますから、相談してみるのも良いでしょう。

注意すべき点としては、口呼吸改善テープやマウスピースは、鼻で呼吸をする必要があるため鼻炎などで鼻が詰まりやすい人には向いていません。

このように、いびきは、その仕組みと改善方法を知ることにより、自身で簡単に改善することができるケースが多いです。

いびきの改善方法を学ぶ

いびきの改善方法についてしっかりとした知識を持ちたいという方には、次のような書籍とDVDがおすすめです。

いびきの改善方法を書籍で学ぶ

いびきの原因と改善方法を学ぶことができます。いびき女子を卒業したい方におすすめです。

いびき女子、卒業 いびき女子、卒業
自分はなぜいびきをかくのか、適切な治療は何か、治療法など、いびきについてのアレコレを知るための一冊。もういびきで悩む心配無し!今すぐできる日常生活改善のコツや、簡単な体操・グッズも紹介。
この書籍の詳細を見る

いびきの改善方法をDVDで学ぶ

本を読むのは苦手という方には、DVDがおすすめです。気軽に見ながらいびきの解消法を理解することができます。

1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル 1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル
忙しい人でも1日わずか10分以内でいびきを解消する方法。車を運転中、お昼休み中、テレビを見ながら、リラックスのお風呂タイム中等あなたの毎日の生活のペースにあわせて自由に簡単にできます。
このDVDの詳細を見る

いびきの防止グッズ

市販されているいびきの防止グッズには、口閉じテープ、マウスピース、低反発まくら、ノーズピン他様々なものがあります。どのようなものがあるかご覧になって、ご自分に合ったものがあれば、一度お試しになってはいかがでしょうか。
いびき改善グッズ
いびき改善グッズの一覧を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。